毛穴 隠す 下地

30代にもオススメできる・・・思う私の下地のつくりかた

20代の頃は下地を省いてもそれなりの仕上がりになることが多かったです。

 

30代になってからは、下地作業にもテクニックが必要になってきました。肌の状態に合っている下地を選ぶ大切さも、日々感じています。眉間のしわとほうれい線が気になるので、アルブエイジカバーリフトエッセンスでしわを埋めています。

 

下地作りはここから始まります。シリコンなので、完全に乾いた後にファンデーションを使うと、しわもほうれい線もほとんど分からなくなります。

 

カバーリフトエッセンスの注意点は、完全に乾いてから次のメイクに取り掛かることです。そこさえ気をつければ、しわを埋める下地として活躍してくれます。

 

アルブエイジカバーリフトエッセンスを使ったら、セザンヌUVマットキープベースを使っています。皮脂とテカリを抑えることができる下地なので、30代半ばの私にとっては、化粧の仕上がり方が年代に合っているからです。マット仕上がりでもあるので、職場にも使えるからです。

 

長時間メイクを落とせないときでも、ファンデーションが落ちにくく、皮脂が浮いてこないので、この下地のときは化粧直しの回数も少なく済むので助かります。

 

ただし、この下地は欲張って大量に使うとファンデーションを使うときにポロポロと下地が落ちてしまうので、少量を薄く伸ばす程度で十分です。適量をうまく使うことで、皮脂浮も防げるしマットな肌質を長時間キープしてくれます。

 

資生堂のフルメークウォッシャブルベースは、楽をしたい時に使っています。お湯だけで簡単にメイクが落ちる下地だからです。

 

今日は、帰りが遅いな…というときに、使える下地です。疲れて帰ってくるとメイク落としから始まる作業が面倒なので、そんな日に使えるアイテムです。質感が柔らかく、よく伸び、メイクもしっかり乗ります。だけど、メイク崩れもないので、30代にも向いている下地だと思いました。